• RichNeighbors(リッチネイバーズ)

23歳で借金1000万円。絶望から大逆転した男の生き様【Part2】

最終更新: 2020年1月27日

T=TOSHI(インタビュアー)、G=Guest(ゲスト)、A=Assistant(アシスタント)

  • 寿司屋の配達バイトで200万円貯金!専門学校の入学金へ|д゚)チラッ

T:はい、そんな金野さんですけども、

G:金ちゃんです

T:どんなね、いつから企業して、お金を稼ごうとか、何か夢があったんですか自分 が小学校のときの作文を見たわけですね、将来いつか社長になってお金を稼ぐと書いてたわけなんですね

T:小学校六年生のときですね

G:そうなんですよ、だから趣味が貯金やったんですよ、お年玉も貯金したり、高校のときは月15万から20万くらいバイトで稼いで、月5万は絶対毎月貯金してたんですよ、3年間で5×36ヶ月でも約180万貯まるわけですよ、3年間で約200万くらいは貯金してたんですよ

T:何をしてたんですか、高校のときは

G:寿司屋の配達です

T:200万くらい貯めた

G:はい

T:で大学行きはった

G:いや、行かない、辻調理師専門学校

T:辻調理師専門学校、

G:大阪では有名な

T:料理、料理ねちょっとずつスルーしていきますね

G:はい、すみません

T:なんで料理、2年間ですか

G:2年間働いてました

T:2年間の間に遊びは何もやってない

  • 金ちゃんの稼ぎ方!!現金一角エステサロン???キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!

G:やっぱり20歳になったら誰もがネットワークの話を作るんですね  

T:なるほど、ネットワークっていうのはネットワークビジネス

G:僕はやっぱこういう明るいキャラやから、同じ高校の同級生の女の子が誘ってくれて、すぐにやりました。30万かかったんですよ。

T:高っ。

G:でも200万貯金があるからすぐにやりました。やったものの、これあかんやつやなと、これ悪いものじゃないかと、でもずーと考えてて調べやり、色んな人に聞いたら、いいものやと

T:いいものやと

G:っていうことでずっと伝えていってた訳ですよ、親友に、営業ですからと伝えていって皆やるっていってたのにやらなくなって、そういう時に色んな経営学を独学で学んで

T:はいはい。

G:僕の夢社長になることでしたから、ネットワークは個人事業主さんみたいなかんじなんで、会社の法人を立てたかったんで、1年半ぐらい頑張って 、とある先輩と一緒に共同経営で21歳からエステサロンをすることになったんですね。

T:エステサロン

G:その時、通信でフレッツ光のテレアポするかエステサロンするか、焼き鳥屋するかってなっときに、一番やっぱ順利益的に当時やっぱ若いですから、お金追ってましたから、エステがいんじゃないかとって言うことでやったんですよ。現金600万だして。

T:その600万はどうしたんですか。

G:200万からパチンコで勝ったお金と、ネットワークと料理のお金が、全部見事に600万貯まってたんですね

T:なるほど。

G:合計で600万になって、現金一角エステサロン。はい。

T:エステサロン行きました。

G:行きました。そこでうまくいってたのが光防御。脱毛とかのポーズは脱毛鷹のポーズはもうそういう光がなかったんですよ。 すごいとこの機械はということで、ていうのんで、目で見てこれはいいなと思って女社員を雇って、で僕は21歳で若いんですけどとある先輩も立てて一応代表取締役をさせてもらって、うまくいって回収もして1年ちょっとですごそんなで400万も回収また京都でね、四条河原町のいいとこでさせてもらってて

T:なるほど

G:で儲かったで儲かってた矢先に電話かかってきてとある人からでもしもし言って聞いたらバイトの女の子からかかってきたんですよどうしたんですか「お久しぶりです」あーどうしたんどうしたんと

G:私たちの人件費3か月間払われてないのって知ってますかって言われて、

T:雲行き怪しい怪しい

G:ってなったんですよ。

T:えっとどいうことですか

G:でも一緒に協働経営されてたんで、で僕もまた中途半端な返事できんかったんでちょっと待ってください 京都経営の人に電話して。どうなってますの で、実際個人的なお金借金とかで使ってて、こうなってた。とまそれやったらそれで信頼ありますから。協働経営 ですからね、まあ別にわかりましたと じゃあまずスタッフにもちろん説明して待ってもらって ということで進んでいったんですよ。でも結局トントン拍子で進んでいた時に、まあ気づいたら23歳で借金1000万背負った

T:まさかの借金1000万 もちろんその業務事業を止め、

G:辞めですね。本部に買い取ってもらった

T:どこから背負ったんですか

G:もやっぱ全部するためのその機会のリースとか店舗の家賃の滞納とか人件費の滞納とか僕にはばれへんようにうまいことしてたんですよその先輩は

T:なるほど

G:でも蓋開けたらそうなってしまった。で家にも大変すねいろんな人が来ましたよ実家に対応しますやん、もー、ここ実家、やめて、

T:落ち込んだと思うんですけど何されたんですか

こっからまためっちゃ面白いんですよもう何でも好奇心旺盛ですからじゃあ次夜の水商売のね話があったんです男と女がボーイズアンドガールズで出会った。水商売すよ、そっちの話にのって、またとある先輩と一緒に行って現金1200万出したんですよ。初めて人に20日間で1200万借りたんですよ。だから、その時23歳か24歳の時って、人生でお金借りたとしても、で借りましたと、お姉さん借りましたと、でも今日中に返すんですね、逆に僕が貸してた側なんですよ。

T:なるほど

G:でも20日間で2000万貸してくれたんですよ、10何人ぐらい

で貸してくれて、その現金も出しました。雇われましたみたいな。で2200万になるわけですね借金が、やっぱ自転車操業になって返さなあかんから借りたり、何かでこうやっていくってなったら膨らんでいくんですよ

T:まー要はお金を返さなあかんから、それのために借りてくる。

G:でもその時25歳の時点では3300万ぐらい

T:3300万

G:でも夢は世界旅行なんですね。

T:でもその3300万ある中で絶望しなかったんですか。

G:絶望もうすぐこけてすぐ立ち上がるから

T:なるほど

G:でしょう

T:なるほど,でそれで3300万も借金がありながら何をしてたのか

  • 1年半でキャシュ1億円ゲット???(*‘ω‘ *)☆彡

G:そこがすごいんだよなあまあ今ではスマートフォンiPhone皆さん持ってると思うんですけどその時スティーブ・ジョブズさんが作ったiPhone 、ソフトバンクのソンさんが作った戦略に、僕は乗っからしてもらって 、その波にって誰もが当時

iPhone3D、3GSから販売すれば、誰もが儲かった時代でその時からちょうど24、5歳の時に携帯の販売をさせて頂いて、一気に当時欲しかった。 戦略を練って誰か欲しいって言ったらお父さんお母さんじゃなく、皆さんガラケーなんでね、皆さん学生が欲しいと、関西の大学に自分で、顔が若いですから当時26歳なんですけど、スーツ着ていってもあれ就活生みたいな、4年生みたいな、そうやねんめっちゃいい会社あんねんよか言ってて、その後皆とのっていったわけですよ、トシ君みたいにインタリアさんみたいに営業センスがある人を、営業マンに切り替えて、お前は○大トップや、○山大や〇〇大やって言って皆営業マンに育てて行ってきて30人作ってたんですよ。

T:なるほどって自分で大学に行って口説いてそれで営業チームを作って言った

G:そうです、学生の、でそれを機に1年半で3000台売りまして,キャッシュで1億円ぐらい

T:キャシュで1億

G:はい、3000万は借金に返します

T:1年半で

G:はい、3000万は投資がいるんでね。後は、建設現場の建設業界、建設業界の現場や基地局もやってたり、 人件費抱えてたりしてるんで最初の立替金も結構いるんです、それで3000万ぐらい飛びます。で残りの3000円はこの綺麗なお姉さんの夜の街で消えたわ。ホイホイ、その時であってたらやばかったわ、ホイホイ、

T:ホイホイはまりそうですね

G:それでぐっと行った時に26ぐらいで、思い切り売り切ってその時やっと初めて時間ができたでずっと夢だった27歳で世界旅行に行ったんですよ

T:なんかそこのモチベーションの差みたいなのあったんですか、その借金を背負ってきた。ときと、事業に乗り出したときは、モチベーションの差はなかったんですか

G:やっぱりいろんな裏切りがあったじゃないですか

T:はい

G:やっぱ人って、やっぱ挑戦したら色んなことがあるんですよね例えば、ほんまに家族に裏切られるとか傷つくわけじゃないですか、でも傷ついてても周りに迷惑をかけるだけやし、目の前の信頼している人の力になっていかないとっていうことで、そこはもう唯一裏切られないなっていうところ一個ずつ、小さい積み重ねなんですけど、一個ずつ時間を守ることであったりとかですね全てのことをよいしょよいしょやって言ったらまぁ自然とそうやったらっていうのはありますね

T:なるほど別に焦ってもなく一歩ずつ頑張ったら、目の前の一歩ずつを頑張ったら、わりと皆さん見失ってるかもしれないですね

まままそいうのも終わって、わりと落ち着いて、次はもう明日13期目ですか。

G:実はねその時に27歳で今のキュンキアっていう会社に社長でやってたんですよ今2番手の1000部で社長を持ち上げてる側なんですけど実は社長が実の僕のお兄ちゃんで一個上なんですね今の会社に来させてもらったわけが、お父さんが元々作った会社でお兄ちゃんがシステムエンジニアで働いてたんですよで、僕は20歳で自分で通信業界で挑戦して行って27歳の時に仕事が忙しすぎて決算とか経理とかが出来なさすぎてうちの父親とか兄がプロやったんですよ合併の依頼をしててうちの会社実態は21年目なんですよ

T:なるほど

G:まあ自信があるのは21年目で無借金で、帝国データバンクもう58点、60点ぐらいの良い評価もらってるんで

まぁ、ある程度そこそこの会社とは対等に話せるんじゃないかと

T:なるほど、それはもう応援します

G:はい、ありがとうございます

T:ありがとうございます

G:はい


引用元:23歳で借金1000万円。絶望から大逆転した男の生き様【Part2】

Youtube放送日:2019年12月日

チャンネル名:Rich Neighbors~リッチネイバーズ~

運営元:株式会社ARILA

31回の閲覧0件のコメント
    ​注目の動画